ミキレポ




大学卒業後、電通に入社。次の職業は「GQ JAPAN」の編集者。
そして、昨年2011年にSumallyを立ち上げる。
シンプルかつオシャレなUIにも注目の新しいソーシャルサービス。
代表の山本憲資さんにお話を伺って来ました!


ーまず、Sumallyについて簡単に説明にしていただけないでしょうか。

大きいコンセプトとしては、「モノのウィキペディア」を作る。その上でどんな面白いことがあるかっていうと自分の好きなモノや欲しいモノ、持っているモノをシェアしたり、好きな人をフォローして、好きなモノから自分とセンスの合う人に出会うことができるプラットフォームになっていくといいなと思ってます。



ー私も結構Sumally使ってますけど、自分の持っているモノを探して載せるっていう作業がすごい楽しいです!

裏のテーマとして、「所有からの開放」っていうコンセプトがあって、四次元ポケットみたいな機能というか、そこに載せていれば、いつでも引き出せる。お金さえ払えば、なんでも手に入れるっていう状態にすべてのものを持っていくっていうことができたら面白いかなと思います。今だと絶版になった本もAmazonのマーケットプレイスで買えちゃう状態にあるけど、あらゆるものそういう風になっていったらいいなという気がしていて。マクドナルドのおまけからエルメスのかばんまで。

選ぶモノでその人ができて、それが可視化される。それが同じ人は似ているんじゃないかっていうのを「自分が選ぶモノ」というプレゼンテーションで繋がっていけたらいいなと思っています。そういった似ている人って世界中にいると思っていて、そこって言語は必要なくてただ俺たちこれが好きだよねっていうだけで、10個好きなモノが同じだったらそれぞれの11個目ってすごく共感し合えるのではないかと思います。


ーモノを大切にするっていうことを維持しながら、新しいモノを買えるっていうのがSumallyの魅力ですよね。

自分が何を持っているかっていうのを見ながら、自分と向き合う機会になるといいなと思いますね。


ーSumallyを見てやっぱり女性向けのモノが多いと思うんですけど、ユーザーの方は女性が多いんですか?

まだ男のほうが多いんですよね、実は(笑)なので、もっと女性層を増やしたいです。


ーPinterestと全く逆ですね!

一番最初に空っぽでスタートしても面白くないので、雑誌でモノを紹介しているような人たちに、「Sumallyでも紹介してください」とお願いして、5000点くらい撮影して、一番最初のコンテンツにしたんですね。そこに出てくれた人たちが結構男ヨリだったっていうのも影響していると思います。半々くらいには持っていきたいなとは思いますね。



ー作ろうと思ったきっかけはなんですか?

もともと「GQ JAPAN」というファッション誌の編集者だったんですけど、僕自身もすごいモノが好きでした。例えば、今までのNIKEのスニーカーが全部見れる場所って探してみたらないなとか思ったり、スターウォーズのフィギアが全部見れる場所はあるかっていうとなくて。人間が生みがしたものを整理するのも、また人間の使命なのかなと。そういうものを創りたいと思ったが本当の一番最初のモチベーションです。


ー起業するにあたって、収益化するまで初めは動きまわってましたか?

今も動きまわってるよ(笑)でも、僕にとってはすごい楽しい作業で。
やっぱり編集者的にやっている所もあって、この人にこういうことをしてほしいってお願いしにいくっていうのは、雑誌でもWEBでも基本的には同じかなと思います。だた、WEBと雑誌の違う所は、雑誌はそこで作ったら終わりなんですけど、WEBの場合は一番最初のフックはそうやってお願いして、それがスイッチとなってどんどん広がっていくっていう仕組みも作らないといけないっていうのはWEBの面白いところであり、大変なところだと思います。


ーでは、学生時代はどんな方でしたか?

今はそんなに好きじゃないんだけど、高校生の時は、洋服が好きでした。


ー今はそんなに好きじゃないんですか?

今はそんなに…(笑)別になんでもいいからね。
夏は半袖半ズボン、冬は寒さをしのげればそれでいいかなと思ってます(笑)


ーファッション誌の編集者だった時は?

プロフェッショナルで働くっていうことは、好きであるということと客観的に見れることを区別できることだと思っていて。だから自分が好きでやっているのか、やるべきだからやっているのかっていうのをつねに把握しながらそれに取り組めるっていう状態にマインドセットするのは、すごく大事な事だと思ってます。洋服に対してもそういう風に見るようになってきて、好きはもちろん好きなんですけど、根が怠惰のもあって、まあなんでもいいかなっていう(笑)
人様に不快感を与えない程度のクオリティーを維持すればなんでもいいかなっていうのはあります(笑)
Sumallyのコンセプトもモノにこだわるっていうのは、すごくあるんですけど、好きじゃないモノを好きになるのはすごいエネルギーが必要だと思っていて。でも、好きだけど知らないのはもったいないと思っています。それぞれの国にあるものを自分と似たセンスの人たちのアンテナを使って新たに知ることができるっていうようなことがもっと起こればいいなと思っています。


ー今後の展望を教えてください。

Sumallyの中でもモノが売れる買えるようにするっていうのが次のステップですね。いいなって思った時にすぐ買える、wantがいる人の所で売れるっていう状態を作っていこうと思っています。


ー海外の人たちがどんどん参加してくと、広がっていくんじゃないですかね?

とはいえ日本でできることもたくさんあると思いますね。僕は日本人だし、ニューヨークの街をつくるっていうとアメリカ人にはやっぱり負けるんですよね。僕らに勝てるのは、原宿をつくることや秋葉原を作ることだと思います。世界で通用するレベルっていうのは全然譲らなくていいと思うんですけど、ただ自分の作れるものは何かっていうっていうのを見極めるのはすごい大事だと思います。意外にローカルなことも大事で、ミキレポをみてSumally始めましたっていう人も実際にいると思うんですね(笑)っていうのが起こっているって東京な訳ですよ。この土地でやる以上そういことが実際に起こっていて、いくらWEBサービスといったとしても、どのコミュニティと結びついていくのかっていうは大切だと思いますね。なんでもかんでも世界って言ってても始まらないので。別に東京向けのサービスをやりますってことではなくて、まずできることは何かっていうのを理解してそして世界に向かっていくっていうことが大事なのかなと思います。


ー起業する人に一言お願いします。

僕は世界中の素敵なモノの情報を知っておきたいっていう欲求がすごいあるんです。モノが好きで好きしょうがない。だから、辛くてもできるし、面白いってなんでも思えるっていうのはあります。その気持ちを持って取り組めるかっていうが大事だと思っていて、それがないならあんまりやる意味がないなっていう気がします。出版社の前は電通にいて、それはそれですごい勉強になったし、楽しかったので。ベンチャー至上主義だとあんまり思わなくて、ただただどうしてもやりたいことがあってはじめて、やったらいいと思います。


ー好きなモノを共有するということで、似たようなセンスの人を世界中で探すということはとても素敵ですね。Sumallyのシンプルで使いやすいUIも大好きです。今日はありがとうございました!!
このエントリーをはてなブックマークに追加


前回に引き続き、Wantedly CEO 仲暁子さんにインタビュー。


ー名前の由来はなんですか?

西部劇にあるWantedを使おうと思ったんだけど、ドメインを見たらすでに使われてて、Wantedlyならあったので、Wantedlyにしました。ちょっと大したことなくてすいません(笑)



ー学生時代はどんな人でしたか?

高校時代は3年間ニュージーランドに留学していました。めちゃくちゃ勉強してて、ガリ勉って言われてましたね(笑)帰国後は京都大学に入って、大学生の頃はテスト前だけ勉強して、結構自由にやっていました。その頃から、起業みたいなことをして失敗してっていうのを繰り返してましたね。周りを振り回してそれでおしまいっていう感じで(笑)
当時は起業家ブームで、レーサーとかアナウンサーとかと同じくらい起業家もかっこかったんです。一円起業じゃないけど、ある程度お金があれば誰でも起業できたので、起業家のを目指す学生が多かったんだよね。私は起業して何をしたいかはっきりしてなくて結局は、右往左往して終わっちゃいました。


ーWantedlyのUIのこだわりは?


ひとつは、ブートストラップっぽくないもの。キットを使って誰でもサイトを作れる方法があるんですけど、それを使うと同じようなサイトになっちゃうんですよね。それとは違うサイトを作りたいんです。先週末に新しいバージョンがリリースされて、超かっこよくなりました!


仲さん自ら、グラフィックを制作中でした。


ー社員は何人ですか?

今は社員は4人、手伝ってくれる外部の人が 営業が1人、デザイナーが1人、エンジニアが3人で5人です。全部で9人かな。

ーオフィスのこだわりを教えてください。

IT起業は結構こだわってユニークなものが多いけど、スタートアップの企業は「お金かけません」「機能的でOK」っていう感じですね(笑)
椅子の種類が多いのは、wishlist(ほしい物リスト)で新オフィス記念に頂いたものがほとんどです。みなさんの愛で支えられてます!!

素敵なソファーや椅子たち。机の上には日経トップリーダーが。

こちらもwish listで頂いたプロジェクターだそう!
これでソーシャル・ネットワークを見てるんですね。



ーまだまだIT業界では「女社長」って少ないという感じがするのですが、良かったことを教えてください。

目立ちやすいってことが一番ですね!
同じようなことをやっている男性はこんな風に取材は来ないと思うし、ラッキーって感じです。

打ち合わせはこんな感じ、社内でも紅一点の仲さん。


ー起業したい人へのアドバイスを教えてください!

“Dane is better than the perfect”「完璧を目指すよりまず終わらせろ」っていうマーク・ザッカーバーグの言葉がある通りで、まず動くことが大事だと思う。業界にもよるけど、IT業界はすごいスピードで変化や進化をしているんので、つねに下りのエスカレーターに乗っているようなもの。止まっているとどんどん下がっちゃうので、そのスピードより早く動かないと登れないんだよね。思いついたら、一週間寝かせて考えてみようじゃなくて、すぐ動いてみる。大きく動いてみる必要がなくて、小さく動いてそのたびにフィードバックをもらって、改良してっていうことを短いスパンで少しづづ変えていくのが大事だと思います。

ITやビジネスに関する本がいっぱい!


こんなに文字がぎっしりのホワイトボード初めて見ました!


ー今後の展望を教えてください。

7月末に大型のアップデートがあります。新しい機能がたくさん追加させます。
開発コードネームは、みんなが好きなジョジョの奇妙な冒険のキャラクターの名前から「ゴールド・エクスペリエンス」にして、今動いている所です。8月末から秋に向けて、海外展開します。来年の今頃はきっとすごいことになっているとおもいますよ!!

ー「気になる会社に遊びにいく」を通じて転職、就職ができる新しいリクルーティングサービス。Wantedlyで仕事が楽しくなる人が増えることでしょう。これからがもっと楽しみです!今日はありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加


Wantedly代表取締役CEO 仲暁子さん

Wantedlyの仲暁子にさんインタビューさせて頂きました!!
京大出身、元ゴールドマン・サックス、Facebook社員、起業家
まだ27歳とは思えない経歴を持ってらっしゃる仲さん。
一体どんな方なのでしょうか?


ーWantedlyとはひとことで言うとどんな会社でしょうか?

ひとことでいうとソーシャルリクルーティングサービスです。仕事をやってる人ってつらそうな人が実際多いと思うんです。朝起きた時に「まじ仕事楽しみ!」というような世の中を造りたい。学校で例えると、文化祭でめっちゃ力持ちの人が繊細な仕事を任せられたて失敗するみたいな…。ものには適材適所があるよね。適材適所がマッチしてないとその人も辛くなるし、適材適所を実現するためのサービスです



ーこの間ランチしたい人募集というのを見たのですが、それはありなんですか?あと、結婚相手募集も…(笑)

ランチ募集はOK。結婚相手募集は本当はダメなんだけど(笑)これは、黙認してる(笑)一番理想なのは、Wantedlyにアクセスしてサインアップした瞬間「あなたに合う仕事はこれです!」って出るようになりたいです。それってすごい情報量が必要で今すぐでは現実的じゃないけど。ランチについてはまずは会ってみるっていうことから始めたいわけね。無名の会社でも中で働いている人が良い人だったり、熱い人だったりすることもあるので。まずはランチから会って話しをする。そして仕事してみようかと思ってくれたらいいな。その後入社するかしないかは当人同士で決めてばいいかな。世の中には、自分をよく見せれる人とよく見せてる会社が多くて、実際は「こんなはずでは…」っていうケースが社会ではあるんだよね。着飾ってプレゼンしてると有名な会社だけが目立って、無名の会社には、なかなかチャンスがない。でも、中で働いている人は無名の会社でも熱い人がいるので、働いている人で勝負ができる。そんな仕組みです。


ー作ったきっかけは?

もともとfacebookにいたんだけど、昔はテレビの情報がすごい多かったんだけど、今はtwitterとかのソーシャルメディアが強くなってきてる。twitterでつぶやいたことがテレビに負けないくらいになったんだよね。ソーシャルメディアが発達してなかった頃はテレビの情報とみんなのクチコミしかなかったけど、Twitterやfacebookで良い物を作っていたらみんなのソーシャルメディアのちからで日本全国、世界レベルに色んなことをできる可能性があると思うんです。Justin BieberもYouTubeがなかったら、田舎で一生終わる人生だったかもしれないし(笑)
Twitterは匿名だけど、facebookは実名の世界なので、信頼性がある。それがすごいと思って、その仕組を会社にも利用できないかなと思って。
最初は自分も周りの目を気にして大企業に入ったけど、無名の小さな良い会社に自分にあった仕事があったんじゃないかと思った。そうして、ソーシャルメディアのちからに感銘を受けて、世の中に仕事の適材適所ができないかと問題意識を思うようになりました。

デスクにはたくさんのApple製品...★


ーでは、Wantedlyの事例を教えてください。

スープストックさんの広報の募集をお手伝いしたことがありました。募集はfacebookとかで拡散するので、facebookの友達つながりは似たような感じの人たちが応募してくるので、意外と求めている人材に近い人が応募してくる。Wantedlyでは類友と読んでるんですが、類友がいっぱい応募してくれます。結果、60人の応募がありました。
Wantedlyもエンジニアを募集して結果Googleのエンジニアが転職してくれました!これも「Wantedlyのオフィスにあそびに来てランチしませんか?」という所から始まって、転職につながりました。


ーユーザーはどういう人を想定してサービスを展開していますか?

情報感度ピラミットっていうのがあって、誤解を恐れずざっくり言うのであれば、情報感度がとんがってる人はPixivとかOpen Networkとか知っていて、低い人は、mixiとかLINEを利用している人というイメージ。
これは感度が高い低いが良し悪しじゃないだけど、大きい企業はたくさんのマス(大衆)をターゲットにして単価の安いものを大量売るので、それによって利益を上げているのに対して、Wantedlyは単価が高いので、戦略的に世界中の情報感度の高い人をターゲットにしいます。


仲さんとパシャリ。高校生の私に丁寧に説明してくれた仲さん!


次回も仲暁子さんのインタビューの後編をレポートします!
お楽しみに!!
このエントリーをはてなブックマークに追加


前回に引き続き、Yahoo! JAPANをレポートします!
前回の記事はこちら!(Yahoo! JAPAN 社員さんに突撃インタビュー!)


クリエイティブ スタジオ。なんだろう?





多摩美術大学の須永先生とパシャリ。ちょっと緊張。。




普通は会議室になさそうなソファーまである!


クリエイティブスタジオを担当している社員の地域サービス本部 企画の水田さんと
多摩美術大学の須永 剛司教授にお話をお伺いしました。

ークリエイティブスタジオでは一体どういうことをやっているのですか?



水田さん:私は普段はYahoo!ロコを担当していますが、何か心動かせるサービスをつくりたいと思って新しいサービスを考えている所です。 これまではサービスを作っていく時にどれくらいの人が集まってどれくらいの売り上げがあるか。サービスをきちんとビジネスとして盛り上げていけるか。そういう事を考えて作っていました。そのできる範囲で最善の機能を提供したいと考えていました。しかしそういった場合では、ユーザーにどんな風に使っていただくかを掘り下げながら作っていくということが、なかなか難しいんです。すぐに効率的に仕上げようとしちゃって。サービスを作る側の人間ですが、日常生活に戻れば、サービスを使う側でもあるんです。自分たちが使っていく上で気持ちが良かったり、感動したりするモノを創り出すことは、今までのやり方だと少し難しかったのかなと感じまして。このスタジオでは、それを創ろうとしています。また、自分に対しても良いアイディアをみつけたいなと思っています。


ー会議ではどういう風に進めているのですか?


水田さん:自分の頭の中にあるアイディアを発散して、みんなのアイディアをつなげたり、ちょっと変えてみたりしています。作文を書いたり、付箋を使ってアイディアを交換しています。


ーどうして多摩美大の先生と一緒に始めようと思ったんですか?

須永教授:多摩美大で情報デザイン学科で仕事をしているんですけど、卒業生がYahoo! JAPANにたくさん勤めています。その卒業生から「大学で教えてもらったことを会社でやった試しがありません」「違う仕事をやっています」と言われていました。僕が考える、みんながやったらいいなと思う仕事じゃないことをやっていて、せっかく教えたんだから、学校でやったような仕事をやれるようになったらいいなと思って。大学で学生と一緒に作っている新しいデザインの領域をやってみて、新しいサービスをクリエイトする。会社でそういう仕事ができない、と聞いてすごく残念だと思いました。前から「会社では一体どんなデザインをやっているんだろう?」「デザイナーの能力がちゃんと活かされていないんじゃないか?」と思っていたんです。

ーやっぱり大学で学ぶ勉強と会社でやる仕事は違ってくるんですね。

須永教授:そうだね。会社は会社で、大学は大学で別々にやってる。会社の中の仕事を僕がどうこうする訳じゃないから、そのうち大学で学んだことが生かさせる時代が来るようにと願っていた所でした。そこで今回ちょうどYahoo! JAPANのみなさんと出会って、「須永さんがやってるデザインをやってみてよ」というお誘いがあったんです。初めて会社の人たちとデザインを学んでいるんです。なので学校でやっていることの押し売りですね(笑)

ー新しいサービスを生み出すところに居合わせたことにとても光栄でした!大学の先生が企業の会議参加することによって、大学での学びというのがより一層社会に役に立つのだなと感じました。お忙しい中ありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加


ついに!
Yahoo!JAPANでお馴染みのヤフー株式会社に行って来ました!きゃー!

みなさんご存知の通り、Yahoo! JAPAN は日本最大級のポータルサイト。
私がインターネットを初めて早12年。
一番最初に見たサイトがYahoo!JAPANさんでした。
本当に伺えて嬉しいです!!(泣)

こんにちは!Yahoo! JAPAN


興奮しすぎて、写真撮ってもらいました(笑)ぐへへ


紫のソファーがYahoo! JAPANっぽい

Yahoo! JAPAN インターネットクリエイティブアワードの椅子

Yahoo!モバゲーの怪盗ロワイヤルのパネルも発見


Y!」ロゴ付き自動販売機

紙コップもYahoo! JAPANオリジナルでした。



この日、ヤフーを案内して下さった、広報の三村さんに
Yahoo! JAPANについてお聞きしました。


その日案内してくださった三村さん♥

ー1番ユーザーに使われるサービスは何ですか?


一概には言えないのですがしいてあげるとすれば、Yahoo!検索とYahoo!ニューストピックスは多くの方にご利用いただいていますね。ちなみにYahoo! JAPANが提供しているサービスは、130種類ほどあります。


ーYahoo!ニュースはとても読みやすくて見出しも素敵ですよね!


Yahoo!ニューストピックスは一日70本から80分アップされています。ニュースソースは新聞社などで、それをYahoo! JAPANのトピックス編集部で今伝えたいニュースを手作業でピックアップしています。実は、見出しには秘密があって、人間がぱっと見て理解することのできる文字数は13文字前後だといわれていて、Yahoo!ニューストピックスはそれにならって13文字前後で見出しをつけているんです。利用者の方がより見やすくなるような工夫をしています。

確かに13文字前後ですね〜


ータイムスケジュールを教えてください。


だいたい9時頃出社して、会社に到着してからは、担当しているサービスの記事をチェックします。その後は、毎日決まったスケジュールがあるわけではないのですが、例えば打ち合わせがある時はミーティングに参加したりしますし、自分の担当しているサービスで対外的に発表したい案件がある際には、プレスリリースを作成するなどしています。それでだいたい12時くらいからお昼ですね。午後も決まったスケジュールがあるわけではなく、様々な番組や媒体からくるサービスに関する問い合わせの対応や自分の担当サービスを様々な媒体に売り込みに行くキャラバン活動をしたりしています。

ープレスリリースとは?


プレスリリースは端的に言うと、私たちのような民間企業などから報道機関向けに発表された声明や資料のことです。プレスリリースを作成するシーンとしては、まず1つは、対外的に伝えることで良い効果を生むような話(=ネタ)がでてきた際にプレスリリースを作成する場合があります。例えば私はYahoo!ファイナンスというサービスの広報担当なのですが、サービス内で新しい機能を追加したとか、利用者数が伸びて万人を達成した、というような良い話がでてきた際、プレスリリースを作成して、様々な番組や媒体にそのプレスリリースを送ることで記事化を目指すという活動をしたりしています。


ー入社した理由は?



先進的なイメージがあったし、憧れていましたね。あとは、学生時代にWeb系の会社でインターンをした経験もあって、その時インターネット業界の人たちは楽しそうに仕事をしている人が多いな、と感じてより興味を持ちました。その後にヤフーに勤めているOBの方を訪問したのですが、その時にあった人たちがすごく魅力的な人たちでこの会社いいなと思ったのが入社を決めた理由です。就職活動中は、Yahoo! JAPANで働いている人にたくさん会ってみたいなと思って、旧オフィスの時、入口で出待ちをしてYahoo! JAPANの社員の方を捕まえてお話を聞いていたりしましたね(笑)

ーすごい行動的ですね!



そうですね(笑)当時は入社にあたって、人をすごく重視していてやっぱりどんな人が働いているのかすごい気になっていたので。ヤフーの社員証をつけて歩いている人に「すいません」って声をかけて、話をきかせてもらいました。


グッズもいただきました!
まさかYahoo!ミラーを貰えるとは思わなかった(笑)

ー三村さんからは熱意とやる気が感じられ、愛社精神に溢れており、充実した会社生活を送られててとても羨ましく思います。WEB系の会社に興味がある私としても見習うべき所がたくさんある事を改めて実感しました。今日はありがとうございました。


次回は、Yahoo! JAPANのクリエイティブスタジオについてレポートします!お楽しみに!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ